The 製品チェック! ~モジュラー化を進めた新時代のPCケース PHANTEKS ENTHOO EVOLV ATX / ENTHOO PRO M~

Posted by

 5インチベイの追加と低コスト化が図られた「ENTHOO PRO M」

ENTHOO PRO Mは、ENTHOO EVOLV ATXのシャーシを流用しつつ、外装の一部を樹脂に変更するなどして低コスト化したミドルタワーPCケース。

対応フォームファクターは、Mini-ITX、microATX、ATX、E-ATX(幅264mmまで)。筐体カラーは、サテンブラック、チタニウムグリーンの2色。今回紹介するのはサテンブラックだ。

筐体サイズは235×480×500mm(幅×高さ×奥行き)。搭載可能な拡張カードやCPUクーラーについてはENTHOO EVOLV ATXと同等。オープンベイとして5インチベイを1つ備えており、内蔵型光学ドライブを利用できる。

ENTHOO PRO M

ENTHOO PRO M

ケース正面

ケース正面

ケース背面

ケース背面

フロントパネルIO (USB3.0×2、音声入出力)

フロントパネルIO (USB3.0×2、音声入出力)

天板。マグネット式のフィルターを標準装備。

天板。マグネット式のフィルターを標準装備。

フロントパネルは樹脂製ながら、表面処理の質が高く、安っぽさがない。

フロントパネルは樹脂製ながら、表面処理の質が高く、安っぽさがない。

 

モジュラー設計はそのまま。標準搭載可能なストレージ数は減少

ENTHOO EVOLV ATXは、両サイドに観音開き仕様のサイドパネルを装備していたが、ENTHOO PRO Mではこの仕様が変更され、一般的なケース背面ねじ止め式のサイドパネルを採用している。

 

ケース左側面

ケース左側面

ケース右側面

ケース右側面

ケース正面側 (フロントパネル取り外し時)

ケース正面側 (フロントパネル取り外し時)

ケース内部のシャーシは、5インチベイが用意されたことを除き、ENTHOO EVOLV ATXと同じ仕様を採用。天板ケースファンステイのモジュラー仕様もそのままで、水冷ユニットの組み込みが容易に行える。

ストレージ用トレイの設置場所はENTHOO EVOLV ATXと同じだけ備えているENTHOO PRO Mだが、標準で付属するストレージ用トレイは、3.5インチが2個、2.5インチが1個と、ENTHOO EVOLV ATXの半数以下しか付属していない。

 

ENTHOO EVOLV ATXには無かった5インチベイを装備。

ENTHOO EVOLV ATXには無かった5インチベイを装備。

ENTHOO EVOLV ATX同様、モジュラー化されたファンステイを採用。

ENTHOO EVOLV ATX同様、モジュラー化されたファンステイを採用。

.5インチストレージ用トレイ「PH-SDBKT_01」。標準で1個付属している。

.5インチストレージ用トレイ「PH-SDBKT_01」。標準で1個付属している。

ケース裏面(右側面)部の2.5インチトレイ設置個所×2。

ケース裏面(右側面)部の2.5インチトレイ設置個所×2。

ケース表面(左側面)部の2.5インチトレイ設置個所×1

ケース表面(左側面)部の2.5インチトレイ設置個所×1

3.5インチHDDトレイ。標準で2個付属している。

3.5インチHDDトレイ。標準で2個付属している。

3.5インチHDDトレイ用の取り付け箇所。

3.5インチHDDトレイ用の取り付け箇所。

3.5インチストレージ用トレイ「PH-HDDKT_02」用の設置個所×5。PH-HDDKT_02は、別途購入する必要がある。

3.5インチストレージ用トレイ「PH-HDDKT_02」用の設置個所×5。PH-HDDKT_02は、別途購入する必要がある。

ケース底部のHDDブラケット固定箇所。別売りの「PH-HDDKT_01」を1基取り付け可能。

ケース底部のHDDブラケット固定箇所。別売りの「PH-HDDKT_01」を1基取り付け可能。

→[1] ENTHOO EVOLV ATX
[2] ENTHOO PRO M
→[3] 総評