How to オーバークロック ~MSI Z97 GUARD-PRO【BIOS編】~

Posted by

MSI Z97 GUARD-PROの最も基本的なBIOSからのオーバークロックの設定項目を紹介する。
手動のOC設定に初めて挑戦される方は、まずこの設定を参考にしてみていただきたい。

●機材

テスト環境
マザーボード MSI Z97 GUARD-PRO
CPU Intel Pentium G3258
CPUクーラー REEVEN HANS (RC-1205)
メモリ Team Zeus TZRD38G2133HC11ADC01 (DDR3-2133 4GB×2)
電源 CoolerMaster Silent Pro 1000W
SSD INTEL 510 Series 120GB

※この記事はリテールのCPUクーラーではなく、より冷やせるCPUクーラーの使用を前提としてる

(1)CPUクロック

MSIのマザーボードではBIOSに入ったら、「OC」タブに移動する。MSIマザーボードのオーバークロック設定はほぼこのタブ内のメニューで行える。

CPUクロックを上げる基本は倍率を変更する。設定項目は「CPU Ratio」。
40倍にすれば100MHz×40=4.0GHz、44倍にすれば100MHz×44=4.4GHzとなる。

cpu_ratio

CPU Ratio = 44。 「44」倍設定でCPUクロックは4.4GHz

(2)GPUクロック

グラフィックボードを使用せず、マザーボード内蔵のINTE HD Graphicsを使用している場合は、GPUクロックをアップすることで描写性能が上がる。効果が高いので、ぜひ試してもらいたいOC項目だ。
設定項目は「GT Ratio」。GPUクロックの設定方法は各メーカーで異なるが、MSIでは倍率を入力する。値は50MHz×●倍の数値を入れる。直接クロックを入力する方法ではないので、少しわかりづらいが、「Adjusted GT Frequency」にクロックが表示されるので確認しながら設定するとよい。26倍設定で50MHz×26=1300MHz、30倍設定で50MHz×30=1500MHzとなる。

gt_ratio

1500MHzに設定するには、GT Ratioを「30」に設定する。

 

(3)メモリクロック&タイミング

メモリクロックは通常メモリスペックに合わせて設定する。
だがメモリもマージンがあるのでクロックやタイミングをより高速に設定してみる価値はある。メモリクロックは「DRAM Frequency」の項目で設定する。プルダウンメニューの中から設定をおこなう。

dram_freq
メモリタイミングは「DRAM Timing Mode」を「Link」に変更し、「Advanced DRAM Configuration」のメニューに入る。

dram_timing_link
Advanced DRAM Configuration」では、上から2番目から「tCL」「tRCD」「tRP」「tRAS」の4つを設定。メモリのタイミングスペックの4つはここの設定となる。1番目の「Command Rate」は通常「2」の設定となる。これら以外の数値は基本は「Auto」にしておいて問題ない。

dram_timing_configuration

(4)CPU電圧

倍率を上げていき、ベンチが完走しなかったり、安定度が悪かった場合は、CPU電圧をあげる。まずは1.20Vあたりから設定してみる。
CPU電圧は「CPU Core Voltage」で設定。直接、数字を入れて設定できる。文字の色が変化する電圧は、マザー側が警告を発している値なので、CPUの冷却に注意する。

cpu_voltage

CPU電圧を1.35Vに設定したところ。赤文字になる電圧の場合はCPU冷却を十分に行う必要がある。

(5)GPU電圧

GPU倍率の変更でクロックを上げていき、ベンチが完走しなかったり、安定度が悪かった場合は、GPU電圧をあげる。設定は「CPU GT Voltage」で行う。まずは1.10Vあたりを設定してみる。GPU電圧もCPUの発熱に関わるので、CPU温度の上昇もチェックしながらの調整となる。

gt_voltage

(6)メモリ電圧

メモリの場合は、あまり設定をいじることができない場合があるが、クロックやタイミングを変更して、安定しない場合は電圧をあげる。設定は「DRAM Voltage」で行う。ただしスペック電圧以上の設定は注意する。1.65V以上電圧をかける場合はメモリファンなどを使用して、メモリを冷却することが必要だ。電圧を上げた場合は、ヒートシンクに触れて温度を確認する(高温になっていることもあるので十分注意して触ること)。「熱い」と感じるくらいになっていれば、ファンを当てて冷却する。

dram_voltage

以上の設定を繰り返し行い、動作させたいベンチや、プログラムが安定動作するかを確認していく。

クロックアップ設定→テスト→電圧アップ→テスト→再設定

という工程で動作をチェックしていく。

チェックポイント

電圧をアップしていく場合は、必ずCPU温度の変化に注目する。CPU温度が100℃を超えると、CPUの保護機能が働き、強制的に動作クロックが下がることがある。ベンチマークをしていて、クロックを上げたのにスコアが落ちてしまったときなどはCPU温度が上がり過ぎている可能性が高い。

主な設定項目は「CPUクロック」「GPUクロック」「メモリクロック」3つ。これらのクロックをCPU温度を見ながら電圧を上げて調整していくのが、最も基本的なオーバークロックの設定となる。難しい設定項目はないので、BIOS設定に不慣れな方でも繰り返し行うことでコツは簡単につかめるはずだ。Intel Pentium G3258やCore i7-4970Kなど倍率可変のCPUを手に入れたなら一度試してみていただきたい。


<機材協力>
エムエスアイコンピュータージャパン株式会社