ASUS MAXIMUS VII RANGERでDevil’s Canyonの予習する

Posted by

board_topインテルの最新チップセットZ97を搭載したマザーボードがリリースとなり、Haswell世代のCPUも使用できるので、ボード周りとBIOSをチェックしてみた。

今回、ASUSはR.O.G.シリーズにおいてMAXIMUS    VII RANGERというエントリーモデルを投入。同シリーズとしては安価に入手可能で、最近の海外でのPCゲーミング市場の盛り上がりを意識した製品作りを感じるモデルといえる。

日本においてはゲームといえばコンシュマーゲーム機でのプレイが一般的で、海外ほどPCゲーミングは普及しているとは言えないが、最近、CPU、マザーボード、キーボード、マウスなどPCゲーミング市場を活性化させるべく、各メーカーが製品を投入してきている。

同じセグメントとして、GIGABYTEのGAMINGシリーズ、MSIのGAMINGシリーズがある。ASUSとしてはR.O.G.ブランドのエントリーとしてGAMINGモデルを位置づけしている。

board_pwm01board_cpusocket

CPU周り、メモリ周りにはちょっと見慣れない形のチョークコイルが付いている。この「New Alloy Choke」は通常のBOXタイプのものではなく、上部に格子状の凹凸がある。表面積を多くとり、冷却効果を高めるものと思われる。電源周りは、通常動作時に90%の電源効率を提供するNexFET パワーMOSFET、一般的なコンデンサーより5倍のライフスパンを持つ日本製10Kブラックメタリックコンデンサーで固められている。

board_keybotboard_m2

KeyBotはキーボードにマクロキー、ショートカットキー、ファンクションキーなどを定義できる(F1からF10に定義)ゲーマーのための機能だ。このKeyBot用の独自のマイクロプロセッサーはマザーボードの裏面に搭載されている。R.O.G.のロゴが付いているチップなので一目でわかる。
Z97の特徴の一つであるM.2スロットがCPUの横に配置されている。M.2規格、PCIeインターフェースのSSDの利用が可能となっている。

board_backboard_debug

MAXIMUS VII RANGERはディスプレイ端子として、D-SUB、DVI-Dの端子を備えている。Z87のMaximus VI Formula、ExtremeがディスプレイポートとHDMIだけだったのに対し、幅広くディスプレイに対応しているといえる。新しい規格の端子を備えたディスプレイでなくても接続できるのは、エントリーモデルとしては重要なファクターといえる。

RANGERはR.O.G.シリーズとしては下位モデルとなるが、7セグメントの「Q-Code LED」ディスプレイを備えている。OCで遊ぶ場合、このデバックコード表示があるのは非常に便利だ。リアルタイムでPOSTコードが表示されるので、起動時のPCの状態がわかるし、起動しない場合のエラーの原因が一目でわかる。
MSI、GIGABYTEの同価格帯のゲーミングモデルにもQ-Codeと同じデバッグLED機能を備えているモデルがあり、エントリーOCユーザーにとってはうれしい機能となっている。

UEFI-BIOSの主要項目

ASUSのUEFI BIOSにはAdvanced ModeとEzModeがあるが、せっかく様々な機能があるR.O.G.シリーズなので、Advanced Modeを見ていきたい。モードはF7で切り替わり、それほどチューニングを行わないのであれば、EzModeで十分だ。

UEFI_AI_Tweaker

UEFI BIOSでは主にチューニングに関わる部分はExtreme Tweakerに集められている。最初のセッティングとなる「Ai Overclock Tuner」。OCで様々なセッティングを行うなら「Manual」に設定する。

UEFI_CPU_ratio

現行のCPUでは倍率を上げることでOCを行う。「K」付きCPUでは、CPU倍率を上げることができる。UEFI BIOSでCPUの倍率を変更するのがこの部分だ。
すべてのコアを同じ倍率設定にするなら「Sync All Cores」で「1-Core Ratio Limit」を変更する。「BCLK Frequency」がデフォルトの100であれば、100×倍率がCPUクロックとなる。写真のように「44」に設定すると、100×44=4400MHz=4.4GHzがCPUクロックとなる。

UEFI_CPU_levelup

簡易設定のCPU Level UPでは「4.2G」「4.4G」「4.6G」がプリセットされている。

  UEFI_memory_clock

 メモリクロックを設定するDRAM FrequencyはDDR3-3400まで項目がある。これはCPUクロックとメモリクロックの対比設定になるが、Haswell世代のCPUでは実質DDR3-2933までの設定が有効だった。Devil’s Canyonではより上の設定が可能になるのかに注目したい。

UEFI_spd_info

メモリのSPD情報をBIOS上で見ることができるメニュー。OS上においてCPU-Zで確認するよりもSPD情報を正しく確認できることもあるので試してみたい。CPU-Zと表示が違うことがあるが、これは書かれているデータのデコード方法が異なるためだ。

■後は「K」付きCPU待ち

PC DIYユーザーとしてはコードネーム「Devil’s Canyon」の倍率ロックフリーの「K」付きCPU待ちといえる。「Core i7-4790K」、「Core i5-4690K」の発売に併せて、Z97のハイエンドマザーボードも発売される予定だ。

また今回、Pentium20周年記念モデルが投入される予定となっている。これは廉価版の倍率フリーモデルとなっていて、ゲーミング向けマザーボードとの親和性も高い。インテルプラットフォームでのエントリーOC向け製品として注目されることになるだろう。