ASUS製マザーボードのUEFI(BIOS)アップデート

Posted by

BupdaterによるUEFIアップデート

BupdaterでのUEFIアップデートには、DOS起動が可能なUSBストレージと、ASUSのウェブサイトからダウンロードしたUEFIファイル、そしてbupdater.exeが必要となる。

なお、USBメモリをDOS起動ディスクとして利用する方法については、下記のページを参考にして欲しい。

USBメモリでUEFI/BIOSアップデート用DOS起動ディスクを作成する
http://www.octech.jp/review/usbメモリでuefibiosアップデート用dos起動ディスクを作成/

bupdater.exeは、UEFIファイル本体と同じくASUSのウェブサイトから入手する。製品ページのSupportタブからDriver & Toolsを選択、使用予定のOSを選択して表示されたリストから、「BIOS Utility」を開き、Zipファイルで圧縮されたBupdater Utilityをダウンロードする。

 

bupdater_01

ASUSのウェブサイトから、Bupdaterをダウンロードする

 

 

ダウンロードしたファイルを展開すると、複数のファイルが生成されるが、アップデートに必要なのはbupdater.exeのみである。
アップデート用のUEFIファイルと、bupdater.exeをDOS起動ディスク化したUSBストレージにコピーする。

この際、UEFIファイルのファイル名を、ハイフンなどの記号を含まない名称にリネームしておくことを推奨する。DOS起動時に正常に読み込めない場合があるためだ。本記事中では、デフォルトで「A88X-PRO-ASUS-1301.CAP」であったUEFIファイルを、「A88X1301.CAP」にリネームしている。

 

bupdater_02

USBストレージには、アップデート用のUEFIファイルと、Bupfater.exeを収める。アップデート用UEFIファイルは記号を含まず、短い名前にリネームしておくことを推奨する。

UEFIファイルとbupdater.exeを収めたUSBストレージをブートドライブに設定して再起動する。MS-DOSが起動したら、「bupdater.exe /i(UEFIファイル名)」と入力してEnterキーを押す。これで、bupdaterが起動し、自動的にUEFIのアップデート作業が行われる。

 

Bupdaterを起動し、指定したUEFIファイルにアップデートするコマンドを入力。コマンド入力後、Enterキーを押すと実行される。

Bupdaterを起動し、指定したUEFIファイルにアップデートするコマンドを入力。コマンド入力後、Enterキーを押すと実行される。

 

Bupdaterが起動すると、自動的にUEFIファイルのチェックと更新作業が開始される。

Bupdaterが起動すると、自動的にUEFIファイルのチェックと更新作業が開始される。

 

BupdaterによるUEFIの更新作業が完了すると、このような画面が表示される。 電源を落として、再起動することで、UEFIの更新が完了する。

BupdaterによるUEFIの更新作業が完了すると、このような画面が表示される。
電源を落として、再起動することで、UEFIの更新が完了する。